SUPPORT FOR SCHOOL CONSTRUCTION IN EMERGING NATIONS
新興国における学校建設支援

カンボジア ボア中学校 新校舎完成 開校式

マリモが建設を支援している、カンボジアでの Bour Secondary School
-ボア中学校-の新校舎が完成。
2016年1月18日(月)、開校式を開催しました。
Bour Secondary School-ボア中学校-は、カンボジア・タイ国境に近い、バッタンバン州に位置します。
周辺の小学校からの多くの生徒が集まるため、仮設のトタンぶき建物も使用し、過密状態で授業が行われていました。
このたびの新校舎の建設支援により、安全で適切な修学環境を提供することができました。

開校式 式次第

  • セレモニー開始&僧侶からのお話
  • クメール伝統舞踏
  • 開校式の流れ説明、メンバー紹介、国歌斉唱
  • 知事スピーチ
  • 生徒スピーチ(決意表明)
  • チャイルズドリーム(Marc Thomas Jenni)スピーチ
  • ドナー(深川社長)スピーチ
  • バッタバン州知事スピーチ
  • メダル及び感謝状拝受、テープカット、ドナー及びコミュニティ間の正式書類署名、植樹。
  • クメール及び日本の歌斉唱(子供達と)
  • 辞書の贈呈

Cambodia Bour Secondary School
ボア中学校

生徒数
432名(男子210名、女子222名)
※2015年4月現在
教師数
10名
建物規模
360m2
教室数
5室
所在地
Bour Commune, Phnum Preuk District, Battambang Province, Cambodia

寄付金の内訳

建設費、リュックサック、文房具(全校生徒1セットずつ)、辞書(各クラス1冊ずつ)

メダル及び感謝状

チャイルド・ドリーム

東南アジア各国では、急速な経済成長と都市化が進行しています。
一方で都市部と地方との地域間格差は一層拡大し、地方では飢餓や貧困に苦しむ人々も多く、社会的不安要素となっています。
特に複雑な問題が絡み合うミャンマー、ラオス、タイ、カンボジアのメコン川流域では、深刻な人道危機が生じています。

メコン川流域エリアで、主に子供たちの教育を通じて、子供たち・青少年・コミュニティの将来にわたる自立支援を目的に活動する団体が「チャイルド・ドリーム」です。
安全、安心、快適な住まいと温かみのあるコミュニティを提供することで、多くの人々の豊かな暮らしと幸せの実現をサポートすることを経営目的とするマリモは、「チャイルド・ドリーム」の取り組みに共感し、協賛しています。

詳細はこちらから(外部サイト)