ENVIRONMENTAL HYGIENE
環境衛生事業

再生可能エネルギーの活用推進による、
地球環境への貢献。

太陽光発電事業

石油や石炭、天然ガスなど、エネルギー資源のほとんどを海外からの供給に依存する日本。
安全を前提に、エネルギーを安定して確保でき、経済的な成長と環境保全を両立させる「エネルギー・ミックス」が重要とされるなか、近年の環境問題を背景に、化石燃料の利用に伴う温室効果ガス削減への要求は一層高まりつつあります。
マリモでは、クリーンな再生可能エネルギーのなかでも、基幹電源として期待されている太陽光発電に取り組んでいます。

多くの方々がメリットを享受できる、メガソーラー。

太陽光発電は様々なメリットを有しています。
マリモでは、地球環境問題や遊休地の活用などによる地域への貢献などの観点から、
「メガソーラー」の設置を進めています。

太陽光発電のメリット

環境に優しい発電
発電発電に際して、二酸化炭素や有害ガスなどを発生しません。
自給エネルギーの確保
エネルギー資源の輸入量削減に貢献が可能です。
遊休地の活用
耕作していない農地や工場跡などの有効活用が可能です。
高い安全性
比較的メンテナンスが容易であるうえ、天災による事故も起こしにくいシステムです。
固定価格での買い取り
2012年7月より再生可能エネルギーの固定価格買取制度が実施されており、事業としての安定性が期待されます。

太陽光発電の設置事例

  • 尾道ソーラー(広島県尾道市)
    敷地面積/5,750m2(約1,740坪)
    発電容量/470.40kW
  • 由布メガソーラー(大分県由布市)
    敷地面積/5,454m2(約1,649坪)
    発電容量/1,578kW
  • 三原ソーラー(広島県三原市)
    敷地面積/6,171.55m2(約1,879坪)
    発電容量/436.89kW